ホーム>ぶらり社長の“知恵と杖”>ロハスな天然素材>とれる・No.1との出会い~2~
ロハスな天然素材

とれる・No.1との出会い~2~

ある日、夕方5時ごろにとあるホームセンターへ行くと、

洗剤コーナーでとれる・No.1が紹介されていました。

どうやら、キャンペーンの最終日だったようで、そろそろ

ブースの片付けを始めようというところだったようです。

そこにいた方に話を聞き、とても興味を持ったものの、

当時の我が家にとって「ちょっとお試し」で買うには高く、

もう少し考えたいと正直に伝えました。

するとその方は、

「キャンペーンが終わっても商品は扱っているので、

良ければこれをどうぞ。」と、1枚の紙をくださったのです。

 

その紙を自宅に持ち帰り、初期投資(スプレーボトル)の費用

詰め替えパックがあること、環境にも肌にもやさしそうだということ、etc.

を、その日の夜、帰宅した旦那に話をしたところ、

「悪いものではなさそうだから買ってみたら?」

と拍子抜けするほどあっさりOKが出たのです。

 

気が付けばそれから14年半、現在に至るわけです。

「壊れるまで使い続けて大丈夫です。」と言われた

スプレーボトルは、今でも現役で活躍してくれています。

一度は主婦湿疹でひどく荒れた手も、今では母親から

「あんたの手は家事をしたことないような手だね」

と言われるほどきれいになりました。

 

実はその時に頂いた紙、その後もう一度お世話になるのです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kenko-nagaiki.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/88

コメントする

ページ上部へ