ホーム>ぶらり社長の“知恵と杖”>2014年11月

2014年11月

温活にシルク・ボディーウォーマー

朝晩冷え込むようになりました。

体感気温が14℃を下回ると

暖房が欲しくなると昔、

親が云っていた記憶がありますが、

今でもそうなのでしょうか?

それとも、あれは北国育ちの

両親の感覚だったのでしょうか?

 

何にしても、体の冷えは

万病の元といいます。

体を冷やさないように

気をつけたいものです。

 

私は昨年の秋に、

シルク・ボディーウォーマー

の存在を知り、それ以来

暖房をつけるほどではないものの

冷えが気になり始めると

シルク・ボディーウォーマー

を使っています。

この商品、伸縮性があり、

長さが68㎝とロングサイズなので、

おしりまですっぽり覆う形で

チューブトップの様に着て、

広範囲を温めるもよし、

半分に折り、お腹周りを

しっかり温めるもよしと

初夏に差し掛かるころまで

家着の下で大活躍です。

泊りの旅行などの時にも

持って行きます。

 

その効果かしら?と思うことが

あったのですが、それはまた

次の時にお話しします。

 

 

素敵っき健康ウォークキャンペーン

10週間連続の「素敵っき健康ウォーキング」キャンペーンがやっと終わりました。 東京・銀座店、大阪・心斎橋店、梅田店、そして京都店で多くの方に国産ステッキ、ドイツステッキ、などの良さを認識して頂けたと疲れを忘れて満足しながら、販売成果は日光駅の一つ手前(イマイチ)だったのが残念。 でも今は皆さんノン・アベノミクスの様子なので仕方ないと諦めながらも次の方法を打たねば・・・

───・───・───・───
【転ばぬことも健康管理「いきいき素敵っきライフ」】
厳選された国産ステッキ・ヨーロッパ老舗杖でシニアの健康長寿生活!
杖やステッキで歩く運動をして長寿ホルモン「アディポネクチン」を!

運営:株式会社Keireck
http://www.kenko-nagaiki.com
───・───・───・───
Twitter発信中!
https://twitter.com/kei_reck
───・───・───・───

寝室の保温カーテン

我が家では弊社で室内の温度を快適に保つ三重エコカーテン「エアウォールW」を 取り扱い始めた3年前から、我が家の寝室などでも使用していますが、 お陰で西向きの寝室は昼間は冬の温かな太陽光がたっぷりと入ります。 その温かな輻射熱をたっぷりと含んだ三重構造の「エアウォールW」が 保温してくれているので、少々外気温が低くても暖房器具を必要としません。 【エアウォールWは「省エネ保温カーテン」なのです】 「エアウォールW」は、断熱効果のある空気の壁(エアウォール)が 2重(ダブル)になっている、というだけに通常の1枚もののカーテンや 裏地付カーテンと比べて、室内の熱を逃がさず跳ね返す「輻射熱」により 暖房効果を高めることが特長です。 もちろん節電効果も高めることとなり、家計にも有難い効果があります。 【エアウォールWの保温効果率は「51.2%」!】 京都の着物の縫製技術をベースにした三重無双縫製のエアウォールWは、 表地と裏地の間にさらにもう1枚、起毛中綿を特殊アレンジした三重構造。 表地と中綿、そして中綿と裏地の間に生まれる「2つの空気層」により、 窓から進入する外気温をシャットアウトします。 岐阜県産業技術センター等で測定された保温効果率はなんと「51.2%」! 一般カーテンよりもはるかに保温する効果が実証されました!
ページ上部へ