ホーム>ぶらり社長の“知恵と杖”>健康管理と良質睡眠>外気温と体温の関係
健康管理と良質睡眠

外気温と体温の関係

恒温動物である人間の深部体温は37.2度。 直腸の体温で、体表の温度ではないので、低血圧で体温が35℃に達しない人にとっては日中は体内と体表との差が大きくて気力が低下するのではと心配する。 健康な体でも体温調整のために汗を出すことによって体表を冷やす構造になっているのだが、外気が38℃ともなると汗も役立たないという現象になるのでは。 これからの健康長寿、そして「素敵な健康法」のためには、人間の体温調整や冷え性の人の日中の作業や睡眠に関する暑さ対策もこれまでと違う対策を考えなくてはいけないのである。

───・───・───・───
【転ばぬことも健康管理「いきいき素敵っきライフ」】
厳選された国産ステッキ・ヨーロッパ老舗杖でシニアの健康長寿生活!
杖やステッキで積極的に外に出て「ビタミンD」の生成を!

運営:株式会社Keireck
http://www.kenko-nagaiki.com
───・───・───・───
お問い合わせは・・・
sale@kei-reck.co.jp
───・───・───・───

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kenko-nagaiki.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/107

コメントする

ページ上部へ