ホーム>ぶらり社長の“知恵と杖”>2016年12月

2016年12月

年末の障子張り作業

2016123012752.JPG

2016123012942.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テレビや映画で観る時代劇のお城や大名屋敷の廊下に白くピーンと張られた障子を見て日本独自の文化を想い一体誰が作業するのだろうかなど余計な事を考え、大掃除さえも年末行事でなくなった昨今、障子の張り替えは過去の”コト”になったのだろうかと思いながら「張り替え」作業を伝えたい・・・と思っても孫たちはクラブ活動。致し方無く家内と二人の作業となってしまった。張り替えたあとで茶で一服。最近めっきり少なくなってしまったやはり「障子」は高齢者にとって健康生活の最適なインテリアだと改めて思うひと時です。

膝の痛みに悩んでいませんか

いよいよ本格的な冬、今朝も北海道は例年になく大雪に見舞われています。

普段からひざや腰の痛みに悩んでいる札幌の友人も寒さには慣れていてもキッと痛さに苦労していると思われます。学生時代、インターハイ等で活躍した頃、連日繰り返しうさぎ跳びや縄跳びで鍛錬していたのが原因で、最近膝の痛みに悩んでいるのです。

またもう一人若い頃ハイヒールで通勤していた女性は勤務中に当時の和式トイレで用を済ませていた経験からひざの痛みをこらえながら歩いています。

「ひざの痛み」は決して"老化現象だから治らない”とか"年のせいだから仕方がない”などと我慢していても老化現象でないので治ることがありませんが、痛みで不快感があってひざをかばって歩くことが億劫になってしまいがちで、年寄り臭いのでステッキを活用しようとしません。

しかし、関節は毎日適度に動かさないとふとももの筋肉が次第に減少して弱くなってしまいますから、少々痛さを我慢しても歩行によって大腿四頭筋という筋肉を強化することが大切です。

賢明な読者はお分かりで余計な心配はしませんが、ひざの健康維持には「杖」が歩行の頼りになることだけは確かなのです。
 

ページ上部へ