ホーム>ぶらり社長の“知恵と杖”>四季折々の記>北野天満宮
四季折々の記

北野天満宮

菅原公は受験シーズンに合わせて満開を予想したのではないだろが、白梅も紅梅も満開だった。

今更良い知恵を!でもないが、学生さんや若い女性とともにより一層創造的な仕事が出来るように手を合わせた。

やはり京都にはまだまだこうした良い文化が沢山あることを感じている。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kenko-nagaiki.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/445

ページ上部へ