ホーム>ぶらり社長の“知恵と杖”>2017年9月

2017年9月

浅草の相撲と落語

やっぱり相撲と落語は浅草です。
町並みは過去数度の火災で当時とは変化しているものの、相撲の伝統と落語の歴史を町の随所に十分に感じられます。

寄席落語発祥の「下谷神社」、多くの有名落語を収められている「本法寺」を歩き、落語家、真打三遊亭全楽師匠の落語で久しぶりに声を出して笑いながら下町文化をおおいに堪能させてもらいました。

 

笑いのおかげで長生きホルモンが分泌され、健康長生きのモードです。

2017930204743.JPG    2017930204937.JPG    2017930204838.JPG

紳士の素敵っき(ステッキ)なファッション

車社会の現代は杖・ステッキを持って「銀ブラ」という紳士は全く見かけませんが、昭和の初期に東京などの大都市で青春を過ごした男性にとっては恰好よいステータスシンボルとしてステッキは身近なファッションアイテムだったようです。
 
最近東急ハンズ等の店頭で接客していますと、白髪のシニアが何気なくステッキを手にとってご覧になり、気に入った商品を購入してそのままお使いになってお帰りになる方が時々おられます。
 
先日もご夫婦で来店の、学生時代ハードル競技で国体に出場したというご主人が「最近は階段を上がるのも膝が痛くて歩くのも苦痛」と言いながらステッキをご覧になっていたので失礼ながら脚を触らせてもらったら、細くふくらはぎの筋肉も柔らかい状態なので、出来るだけステッキを持って歩くことをお薦めしましたら、数本比較した後ドイツ製の桜材の大曲ステッキ(商品にリンク)をお求め頂き、包装もせずタグをとって早速得意げな表情でお帰りになり、キッとご夫婦で素敵な散策と夕食を愉しまれるのでは・・と羨ましくお見受けしました。
 
日本の高度成長を支えた戦後生まれの「ニューシニア世代」は様々な競技で足腰を鍛え抜いた身体をその後何年も十分メンテナンスしないまま苦痛を我慢しておられる方も多いようです。
 
長いなが~いシニア世代をカッコ良く過ごすためにも、ステッキをオシャレのアクセサリーとして散歩や街を歩くだけでもスマートシニアの「ステッキファッション」として愉しいオシャレのひと時になるのではないでしょうか。
 

詳しいお問い合わせは「友だち追加」ボタンよりLINE@トークでもお受けします!

友だち追加

福岡総合図書館の一日

台風18号は今朝まで上陸地点が分からない迷走ぶり、九州全域の影響はJR各線も運行をしない程なので、東急ハンズも珍しく休館(痛ッ!)
お陰で図書館でゆっくり一日を過ごさせてもらった。

札幌より東京より京都より遥かに立派なスペースと設備、そして蔵本数もギッシリ。
何よりここだけは中心部の大勢の他国の観光客のいない純日本が有難い!

思わず博多に住民票を移したい気分・・・

2017917201723.JPG2017917201814.JPG

 

変わったルックペア

都営大江戸線の車内。

偶然真ん前で座ったので思わずシャッター。

彼女達の国ではこんな思い切ったサイズの違うペアがあるのだ。

2017952043.JPG

可愛い表情も・・・と思ったが咄嗟にことばがでない・・・

決して如何わしい隠し撮りでないので何分ご勘弁を!

そなえよ つねに!

防災の日に想う。

豪雨災害、地震災害、津波災害など最近の異常な気象は何時何処で発生するか分

からない昨今、通りかかった岡崎公園の一角にボーイスカウト連盟によって建立

されていた。

「そなえよ つねに」の精神がボーイスカウトの精神かは分からないが、今日の

自然災害や転倒防止など健康維持のためのに対する防災意識とともに、エスカレ

ートする北朝鮮のミサイル発射実験に対して新たな備えを想定しなくてはいけな

時代になったことは確かなようでる。

201791184644.JPG

 

 

 

ページ上部へ