ホーム>ぶらり社長の“知恵と杖”>車窓録

車窓録

京の朗読会

NHK京都放送局「朗読会」は立見席にも多くの人が・・

こんな時杖があると良いナ~

三人のアナウンサーの朗読は流石に上手い。


2018519155925.JPG201851919440.JPG

長寿の水

熊本・水前寺公園の中の「出水神社」の長寿の水は細川家が初めて藩主となった折に加藤家から継承されて細川忠利公が「百薬の長」として珍重されたとのこと、今日は湧水公園として親しまとれている。
それにしても広大な自然と美しい水はそれだけでも
命が長らえる感のした1時間でした。

201851884038.JPG

201851883825.JPG

那覇の生活市場

国際通りから一歩入ると、全く古い沖縄の生活があった。
観光土産だけでなく日常の生活用品が安く商われていたのには大いに魅力!

ステッキが必要そうな年配者が多く働いている様子を見るにつけ杖の需要は当分先のことだろうかと少々非感せざるをえないかな~・・・

20185189032.jpg20185189122.jpg

坂道の多い街

長崎・浜通「浜屋百貨店前」大曲洋傘店『ステッキ特集催事』

長崎・出島岸壁には毎日大型観光船が入港し観光客で賑わいメイン通りとあって多くの人に注目されていますが、四方山に囲まれ坂道の多い長崎の地元のシニアにとってもステッキは次第に必需品となってきていますが、長崎に限らず各地の高台に住んでおられる日々の買い物には杖は膝や腰の痛みを持つ奥様にもお役にたつ歩行補助具になると予測します。

 

 

20184354132.JPG

 

浅草の相撲と落語

やっぱり相撲と落語は浅草です。
町並みは過去数度の火災で当時とは変化しているものの、相撲の伝統と落語の歴史を町の随所に十分に感じられます。

寄席落語発祥の「下谷神社」、多くの有名落語を収められている「本法寺」を歩き、落語家、真打三遊亭全楽師匠の落語で久しぶりに声を出して笑いながら下町文化をおおいに堪能させてもらいました。

 

笑いのおかげで長生きホルモンが分泌され、健康長生きのモードです。

2017930204743.JPG    2017930204937.JPG    2017930204838.JPG

福岡総合図書館の一日

台風18号は今朝まで上陸地点が分からない迷走ぶり、九州全域の影響はJR各線も運行をしない程なので、東急ハンズも珍しく休館(痛ッ!)
お陰で図書館でゆっくり一日を過ごさせてもらった。

札幌より東京より京都より遥かに立派なスペースと設備、そして蔵本数もギッシリ。
何よりここだけは中心部の大勢の他国の観光客のいない純日本が有難い!

思わず博多に住民票を移したい気分・・・

2017917201723.JPG2017917201814.JPG

 

変わったルックペア

都営大江戸線の車内。

偶然真ん前で座ったので思わずシャッター。

彼女達の国ではこんな思い切ったサイズの違うペアがあるのだ。

2017952043.JPG

可愛い表情も・・・と思ったが咄嗟にことばがでない・・・

決して如何わしい隠し撮りでないので何分ご勘弁を!

ステッキを持った南蛮人渡来を思わせた

長崎出島は永禄10年(1567年)ポルトガル船3隻が入港し南蛮貿易として栄えたとのこと。
当時の南蛮船は今日「ながさきおくんち」で使われている様式の船だったとのこと、ヨーロッパの文化が入ってきた折
その人たちがどのような出で立ちだったか、果たしてどんなステッキを使っていたのか次回営業で訪れる際時間をつくって調べてみよう。

 

2017616192243.JPG

 

 

 

パワースポットとステッキ

20161113202918.jpg

いつも新幹線で帰京する際には、新丹名トンネルを出たらすぐ左手の来宮神社の大楠に一礼する(起きていたら・・)ように心掛けているが今日は参拝して商売繁盛の祈願をし、その後熱海のこんな古湯が・・・と思えるような東北の湯治気分を味わってシニアのパワーアップをしてきました。明日から気合を入れるぞ~。

それにしても坂道の町熱海はステッキが似合う町だと気づきました。

身近に霧島温泉

霧島連山は鹿児島市街にも温泉の恵みを分けているようで、西千石町に温泉銭湯がありました。

昭和初期の佇まいまんまの番台と鍵のない衣装棚、でも行き届いた着替え室は
ホッとする空気。

「石ケンでよく洗ってから入って下さい」との注意書き(ホテルのタオルしか持たないので)「昨日洗ったので・・・」と言ったら「みなさんそうおっしゃるけん」と石鹸箱を貸してくれたので、霧島山中まで行かずに温泉の流し湯を堪能しちゃいました。

そのうち一人またひとりお年寄りと暫く健康長寿の話題でおしゃべり談義です。

201611120034.jpg   201611120118.jpg

ページ上部へ