ホーム>ステッキQ&A>2017年6月

2017年6月

ステッキ(杖)の修理はできますか?

ステッキ(杖)は長年使っているとハンドルの部分の塗装がはげたり、折たたみのゴムの損傷等修理が必要となります
そんな時「日本製の国産ステッキ(杖)」なら安心!
弊社、または販売店もしくは製造元にお問い合わせ下さい。
修理の見積をしたうえ有償となる場合がありますが修理が可能です

例えば、「中ゴムの交換」  1,080円
    加工後の送料    1,300円
    約3週間後納品となります。

 

詳しいお問い合わせは「友だち追加」ボタンよりLINE@トークでもお受けします!

友だち追加

紳士用一本杖の選び方

弊社は一本杖は国産ステッキ(杖)以外にも英国製、ドイツ製、イタリア製等を販売しています

「ステッキは年寄りの持ち物」という歩行補助ステッキ(杖)が主流の今日の常識から想像できない、明治時代の後半から昭和初期にかけて若い文士や政治家たちが杖を携えて闊歩していた頃があった用です。
 

現代では高価で手に入りにくいスネークウッドステッキや寒竹杖のモダンなものであったそうですが、昨今そんな高価な素材は滅多に入手できないので、様々な素材の中から予算に合ったステッキ(杖)を選ぶことになり、国産ステッキで一番ポピュラーな「オーク(樫)」もしくは「楓(カエデ)」を選ぶのが適切ではないかと思います。

素材については下記の表をご参考に・・・

主なステッキ素材の特徴と原産地

http://www.kenko-nagaiki.com/contents/healthy/#stick10

男性は数本の一本杖を所有しながら好みに応じたお使い方をする人と、ドイツのガッチリしたアイテムを選ぶ方とに分かれますが、これからのオシャレなシニアは服装と同様選び方にも工夫が求められると考えます。

 

詳しいお問い合わせは「友だち追加」ボタンよりLINE@トークでもお受けします!

友だち追加

迷った時のステッキ(杖)入門

股関節や膝が痛むのは苦痛だが杖を使うのは抵抗があるのですが・・・という思いは大半の人の思いです。

学生時代にインターハイだとか地域対抗等スポーツに打ち込んだとか、和式のトイレや座卓での食事等日常生活による原因は様々ですが少しでも苦痛を和らげるためには足腰にかかる負荷を和らげることが大切です。

そんな時、折りたたみステッキ(杖)3240円(税込)でカラフルに愉しみながらお試しになる事をことをお勧めします。

http://www.kenko-nagaiki.com/shop/products/list.php

 

詳しいお問い合わせは「友だち追加」ボタンよりLINE@トークでもお受けします!

友だち追加

ページ上部へ