ホーム>ステッキQ&A>2017年7月

2017年7月

木製ステッキ(杖)の正しい保管方法

木製のステッキ(杖)は温度や湿度の影響を受けて変形したり歪んだりして、いったん反り返ったり変形すると元には戻りませんから十分注意して保管する必要があります。

様々な条件下で使用するステッキは使用後時折家具の手入れ同様乾いた布切れで水分を拭き取りワックスなどで保護することが大切です。

○ 直射日光をさけて保管する
○ 冷暖房や温度差の激しい場所や湿気の多い車のトランク等をさけて保管する
○ 長時間の保管は傘立て等に立てかけず、横に寝かせるように保管する

 

詳しいお問い合わせは「友だち追加」ボタンよりLINE@トークでもお受けします!

友だち追加

ステッキ(杖)のSGマークって?

製品安全協会 SGマーク

 

SGマークは「Safety Goods」(安全な製品)の略で「消費生活用製品安全法」に基づいて1973年10月に施行され、製品安全協会が安全を保証するマークです

SGマーク制度は、製品そのものが故障したとしても、その品質について補償するものではありませんが、その製品の欠陥によってケガや身体的な損害を受けた場合、原因や被害の程度に応じて賠償するという制度です。有効期限は購入した日より3年間が保証期間とされています。

 

弊社が取り扱っている国産ステッキ(杖)一本杖の場合、通常必要とされる強度・品質に対するデータの蓄積・ ノウハウは長年のステッキメーカーとして、基本的に自主品質基準の中で製品の品質(特に強度)は管理されており、必要に応じてSGマークと同等の強度試験をSG検査を行っている日本文化用品安全試験所で行ってSGマーク試験を省略しながらも、メーカー責任が明白な場合は相応の賠償責任を行いますので安心してご購入下さい。

 

詳しいお問い合わせは「友だち追加」ボタンよりLINE@トークでもお受けします!

友だち追加

折たたみステッキ(杖)保存の注意点

旅行や外出時に折たたんで持ち運びできる「折たたみステッキ(杖)」ですが、チョッとした注意が必要です。

1、長期的に使用しない場合はできるだけ折たたまないで “伸ばした状態” で保存してください。
その理由は、折たたんだ状態では支柱の中のゴムが常に伸びている個所と反対に同じ箇所が折り畳んだ状態になってしまい急激な気温の変化や湿度に伴って劣化することが予想されるからです。

2、保存する場所は自動車のトランクやストーブの前等のゴムに急激な温度差や湿度の高さによって負荷をかける場所は避けて下さい。

3、塩分を含む海岸などで使用した後は「ねじ」や「長さ調整ボタン」の部分を布やティッシュペーパー等で良く塩分を拭き取って下さい。

 

 

詳しいお問い合わせは「友だち追加」ボタンよりLINE@トークでもお受けします!

友だち追加

ステッキ(杖)「石突き」って何ですか?

「石突き」というと何か武器を連想させますが、古くからロンドン市街等ではステッキ(杖)を片手に石畳の街路を突いて歩いたところから、その名前になったのではないかと想像します。

ステッキ(杖)の先端の先ゴムのことですが、最近の市販されているステッキの先端は接地面がコンクリートもしくはリノリューム等の床材なので滑りにくいゴム製が主体となっています。

実用的ではありませんが、水牛や魚の骨(ボーン)等に仕様変更することは可能なのでお買い求めの店舗でその旨をお尋ね下さい。

尚、損耗するとステッキが滑ってしまう危険がありますから、早めに取り換えるように心がけて下さい。

象牙への仕様変更は一般的にラムサール条約で禁じられておりますからご注意ください。

 

詳しいお問い合わせは「友だち追加」ボタンよりLINE@トークでもお受けします!

友だち追加

「遅筋」って何ですか

人間の筋肉は大きく三つに区分されます。

心臓を動かしている・・・・・心筋

内臓を動かしている・・・・・平滑筋

関節を動かしている・・・・・骨格筋

心筋と平滑筋は自律神経やホルモンの作用でコントロールされているので、意識的に動かすことが出来ませんが、骨格筋はステッキ(杖)を使った運動などによって活性化することが可能です。

骨格筋は瞬間的な瞬発力を発揮する「速筋(白筋)」と持久力を求める「遅筋(赤筋)」に区分され、遅筋は「座る、立つ、歩く」等の日常的な動作に必要な筋肉で、ステッキ(杖)を使った有酸素運動などのトレーニングで鍛えることは平行的に脂肪が燃焼しやすいというメリットもあると言われています。

詳しいお問い合わせは「友だち追加」ボタンよりLINE@トークでもお受けします!

友だち追加

ページ上部へ